西海道九州沖縄情報局に情報を投稿しよう!

日時:2011年12月3日~4日
場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町 跡取川活性化センター

R0011616.JPG高千穂町お神楽を見に行ってきました。11月~2月の間高千穂町では週末ごとにいろいろな地区で夜神楽が行われていますが、私は二上神社の氏子さんたちが行っている二上神楽に参加してきました。
高千穂の夜神楽は年に一度里ごとに氏神様を神楽宿と呼ばれる家に招き、神様と共に楽しむ神事。その年の収穫に感謝し翌年の五穀豊穣を願って、夜を徹して神楽を舞い続けます。また、国の指定重要無形民俗文化財に指定されています。
二上神楽では6つの部落が順番に夜神楽のお世話を担当されているそうです。昔は民家を神楽宿としていましたが、現在は神楽を舞うことができる場所をもつ民家が少なくなったということで公民館や集会所が主に神楽宿となっています。

熊本県上益城村山都町 清和高原天文台に付属して清和高原の宿があります。
国道218号線を清和高原の方向に進み、のんびりと草を食む牛を眺めながら高原を目指すと天文台に到着します。

(下)こんなかわいらしい標識が私たちを天文台まで導いてくれます

resize1341.jpg resize1358.jpg  

resize1357.jpg

 


天文台までの道すがら、牛が放牧されています。肥後の赤牛かと思いきや黒牛だそうです。宿の方曰く「黒(牛)のほうが高級なんですよ。しかも頭もいいし」

 

 

 受け付けをすませてロッジにむかえば、目の前には草原が遠く先には山々が広がります。

resize1352.jpg resize1351.jpg

  resize1353.jpg

第19回薪文楽 平成23年10月8日         
resize1285.jpg熊本県上益城郡山都町 大川阿蘇神社       

<プログラム>
17:00~ 「寿式三番叟」
      「日高川入相花王」
18:00~ 中入り 食事
      清和中学校 所作踊り
      人形解説
      「鎌倉三代記」
20:00~ 終演 記念撮影タイム

<出演>
清和文楽人形芝居保存会 
太夫・三味線 竹本友清 鶴澤友寿

 (左) 薪文楽会場の大川阿蘇神社 鳥居

「清和文楽人形芝居は江戸末期に村内の浄瑠璃愛好者が旅の一座から人形を買い受け、繰り方を習い豊作祈願の奉納芝居として上演してきました。往時の村人は踊り金という負担金を出し合い豊作の願いを込めて芝居を奉納するとともに重箱の弁当を持ち寄り、お酒を酌み交わし、ひとときの骨休めをしました。-中略-鎮守の森でかがり火のもと文楽人形芝居を鑑賞される今宵が皆様の良き想い出となれば幸いです。」
第19回薪文楽パンフレット 「ごあいさつ」より

resize1296.jpg

 

プログラムと奉納演目のパンフレット
登場人物・あらすじ・床本(台本)とわかりやすく書いてある

前の3件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

九州沖縄よかとこ市場

エリア INDEX

INDEX

九州沖縄よかとこプロジェクト
Powered by 西海道新聞

アーカイブ

ガイダンス

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。