第28回古湯映画祭 in 佐賀市富士町

28回古湯映画祭に行ってきました。

今回のテーマは「原田芳雄は活きている」です。ああ、いいコピーだな、と思いました。彼は亡くなったけれど映画の中には永久にいるんですもんね。過去の古湯映画祭にもゲストとして2回お見えになっていたそうです。

 

resize0328.jpg

 

 

これがパンフレットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原田芳雄さんが出演した映画以外も上映されています。私は初日に2012年春公開予定の「僕達急行~A列車で行こう~」(主演:松山ケンイチ 瑛太)を、2日目に「寝盗られ宗介」(主演:原田芳雄)を見ました。

「僕達急行」に関しては予備知識ゼロで見たのですがもう昭和テイストぷんぷんの自分好みの映画でめちゃくちゃ楽しみました。松ケンも瑛太もかっこよくないなんてこんなのあり!?ですよ。でまたまたプログラムを選択した方も考えてるんですね~。恋の浦(福岡県福津市)、百道(福岡県福岡市)、JR九州豊後森円形機関車庫(大分県玖珠町)、中洲(福岡県福岡市)etc.と上九州いろいろと登場します。見ているひとたちが「ねえこの駅○○だよね?」とか「うちの近くよ!」なんて話しながら見てるのがまた面白い。

 

ホールの前半分にはござが引いてあり、後ろ半分は椅子が並べてありました。

廊下には学級新聞のような手作り感で今までの映画祭の写真やゲストのメッセージなどが掲示してありました。地元の人が総出で、自力で作っているというのがよくわかりました。若い方から年配の方まで交通整理から受け付け、会場内のあらゆる仕事を一所懸命されているのがまたいいなあと思いましたよ。

 

映画祭に行くといってものんびりするのも兼ねているので、さんぽしたり温泉にはいったり。

三瀬峠からちょっと山に入っただけでこんなに空気が澄んで(空気が違います!)、自然もきれいになるんだ~とびっくりしました。夜は星がよく見えました。

resize0329.jpgとはいっても、建設中の嘉瀬川ダムのまわりには「ダムの駅富士 しゃくなげの里」という道の駅もオープンしていてなかなかに賑わっています。

 

2日目に「寝盗られ宗介」を見て、これまた原田さんの独特の雰囲気にほれぼれ。割り切れるようなそうでないような曖昧な、ちょっとやりきれなさもあり、人間ってのはすごく複雑なもので明快な答えはないという昭和テイスト映画(その代表が寅さんなんでしょうねえ)をいいなあと心から思うようになったのはここ何年かなのですが、この映画もまさにそれでした。大人になってヨカッタ。

 

大感激をしながら「ダムの駅富士 しゃくなげの里」に寄り、ご飯を食べ、旅館の方おすすめの下合瀬の大カツラ(国指定天然記念物)を見て帰ってきました。いま、パワースポットとして人気だそうです。

resize0331.jpg

木の側には寄れないようにしてありましたが、それがなくとも樹齢1000年の巨木のまわりだけ違う空気が流れているような感じがしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古湯映画祭、また来年も行きたいなー。

みなさまもぜひどうぞ。私はゆっくりと過ごしましたが、アクティブに過ごそうと思ったらいろいろとできそうですよ!

 

28回古湯映画祭 2011923日~25日 佐賀県佐賀市富士町古湯温泉にて

 

resize0330.jpg 

僕達急行~A列車で行こう~

ダムの駅富士 しゃくなげの里

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kod.saikaido.com/cms/mt-tb.cgi/41

コメントする

九州沖縄よかとこ市場

エリア INDEX

INDEX

九州沖縄よかとこプロジェクト
Powered by 西海道新聞

アーカイブ

この記事について

このページは、西海道九州沖縄ディレクトリ広報部事務局が2011年9月26日 14:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「薪文楽2011.10.8.」です。

次の記事は「キトラスオープン一周年記念フェア 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。